パンチボウル||海辺の墓地||ヴァレリー
d0041790_2471612.jpg戦死者たちを祭るパンチボウルには、最初のハワイ旅行のツァー初日に行きました。
正式名称は、「国立太平洋記念墓地」。
約47ヘクタールの芝生の上に整然と白い墓石が並ぶ様は、まるで広大な公園の如し。標高150メートルの噴火口跡にあり、その姿がパンチ酒を入れる器(ボウル)に似ていることから「パンチ・ボウル」と名付けられた、と言います。墓地からは遠くホノルルの町が眺められ、眼下には蒼々とした太平洋が広がっています。
ツァー定番の(実はホテルのチェックインまでの“時間つぶし”の)島内観光バスに乗せられての訪問で、そのときは「早くホテルに入れてくれェ」と思っただけでした。
それも今では、いい思い出。こうした海辺の墓地に葬られたら、安らかに眠れるような気がします。

そして、「海辺の墓地」で思い出すのが、フランスの詩人ポール・ヴァレリーの『魅惑』という詩集。その中には、有名な『海邊の墓地』という詩が収められています。



d0041790_2491673.jpg鳩の群(むれ)が歩いてゐる この静かな屋根は、
松の樹間(このま)、墓石(はかいし)の列(なら)ぶ間に、脈博(みゃくう)ってゐる。
(中略)
神々の静寂(せいじゃく)の上に 長く視線を投げて
おお思索の後の心地よい この返禮(むくい)。

                             ポール・ヴァレリ (鈴木信太郎訳)

難解な詩ですが、「鳩の群れ」は“紺碧の海に浮かぶ漁船の白い帆”を意味しています。従って「屋根」は“水平線”のこと。墓地の急斜面からは、樹間(このま)越しに、その水平線が「脈博(みゃくう)ってゐる」――ゆっくりと上下している――のが見えます。
そして死者たちは、生前の「思索」や悩みを忘れ、「神々」の見守る中で「心地よい」眠りにつくのです。この安らかな眠りこそ、生前の悩みや苦しみが死後に与えてくれるもの――「返禮(むくい)」――なのです。

さすが、20世紀フランスを代表する詩人・哲学者の代表作。翻訳者の注を読んでも、この程度しか分りませんでした。ただ、“海を見下ろす白い墓地”のイメージが少しでも伝われば、と思い、引用してみました。
ちなみに、引用した最後の2行は、実際に、海辺の墓地にあるヴァレリーの墓石に刻まれているそうです。
[PR]
by hawaiitaai | 2006-01-03 00:39 | 旅行
<< アクセス数||干支||サーフア... タイトル画像||ハレイワ・ビー... >>


押切もえ(6/13)山下マヌー(6/9)ジェイク島袋(7/27) 「行くべし見るべし」(9/18) クア・アイナ(9/7)マラサダ(9/15)レナーズ(9/13) ハレクラニ(8/5)アラモアナ(2/13)チャイナ・タウン(6/15)ワイケレ(9/16)etc
by hawaiitaai
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
最新のトラックバック
ピンポーン
from Meggy's Bar縲
『Leonard's(レ..
from ハワイ!B級グルメ巡り
チャイナ・タウン
from anuenue-rakuten-
これが最高!ハワイ1週間..
from 旅人のとろける毎日
子連れハワイ旅行 最終日..
from 旅人のとろける毎日
お気に入り
カテゴリ
'08ハワイ旅行
’06ハワイ旅行
旅行
グルメ
音楽
健康と美容
動物・ペット
ビジネス
アート
事務用品
スポーツ
映画・ドラマ 
小説・詩
ファッション・インテリア
ブログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧